「新しい」未来の農業を考える

長きにわたり話題となっている少子高齢化に伴う労働人口の減少は、農業の世界にもさまざまな影響を与えています。担い手不足によって農業就業人口も2000年から現在まででおよそ半数となるなど、私たちの生活を支える農業、その将来への不安は日々大きさを増していました。

しかし、その中でも近年は若者の就農ブームとなり、40代以下の新規就農者が3年連続で2万人を超え、少ない割合ですが新規参入者も少しずつ数を増やしています。

これまでは、過去の農業に対して持たれていたマイナスイメージが若者の農業離れを引き起こしていましたが、現在のICT(情報通信技術)を活用した「スマート農業」の推進に向けた取り組みは、かつての「きつい、きたない、かっこ悪い」というイメージを払拭しました。

ロボットや農業機械の技術的革新によって農業従事者の作業負担は軽減され、進化を続けるAIやソフトウェア技術によって安定した生産が可能となりました。

これからの「新しい」技術を活用した「未来の農業」は、人の生活を創り支える、本来の魅力ある農業への関心や意欲をさらに高めています。

未来の農業への第一歩 ドローン(マルチローター/UAV)の活用を
農薬の散布から始めませんか?

高効率な作業で
散布時間を短縮

10ℓの液剤を搭載し、1haに約10分、1回の飛行で散布可能です。タンクを背負い圃場を歩く必要もなく、通常の農薬散布に対し数十倍の効率で作業できます。

空中散布
自家用ドローン

管理運用が容易
順番待ち不要に

大きく重いラジコンヘリと違い自家所有での取扱いが容易です。他者に依頼した際の順番待ちもなく、虫害や病害の対策など急を要する事態にも対応できます。

ピンポイントで
必要箇所に散布

吹き下ろしの風が少ないドローンを生かした低空飛行と、ソフトウェアの高精度な機体制御で、狭い圃場や特定箇所、葉物野菜への細やかな散布が可能です。

ルート制御

当校は資格取得から
ドローン運用まで
すべて完全対応です

公認の
短期間教習で認定資格
取得

代理店
取次スムーズな機体導入
支援

実務の
経験を活かす散布申請
代行

万全な
プロの技術で定期点検
整備

お申込み・資料請求

●当校の優れた特徴

実績数百名超!
信頼の指導員が
教習を行います

座学

当校は、数々の実績を持つジャパンアグリサービスの茨城分校です。経験豊富な指導員が1〜4名の少人数制で教習を行います。

農薬散布実務経験者
指導員です

農林水産航空協会の認定を取得し実際に圃場での農薬散布作業を行なっている指導員が、わかりやすく丁寧に操縦技術や実務に必要な知識を教えます。

充実した施設と
実務を想定した
「活きる」教習

飛行訓練

当校は未来の農業に取り組む皆様を応援しています。実務に「活きる」知識と経験を提供します。

ドローン飛行と農薬散布
実務を行うための教習です

少人数制のメリットは、一人ひとりが充分な時間を持てる事です。ドローンを扱ううえで、分からないことや苦手なことをしっかりと克服し、卒業後の実務で実際に役立つ技術を皆様に学んでいただくことが、当校の産業用マルチローター教習で最も重要な目的です。

実際の圃場を使用して行う農薬散布飛行訓練

圃場での飛行

当校の技能講習は、Phantom4を使った飛行訓練で飛行に慣れた後、農薬散布機での飛行訓練を実施します。

ドローンで農薬を撒くというだけの行為ではなく、実務を想定したリアルな訓練で、飛行操縦はもちろん、圃場での判断など、本来の目的である「作業省力化・生産性の向上」を図るために必要となる技術を養う事ができます。

万全なアフター
サポート体制で
卒業後も安心!

座学

当校は、DJI代理店契約を持つジャパンアグリサービスの分校として、資格習得後のドローン購入や管理をサポートします。

導入から運用・点検整備に
修理対応まで完全サポート

教習所卒業後には、実際に運用していくドローンの導入や、農薬の空中散布に係る各種申請・報告書など、さまざまな準備が必要となります。

当校では、卒業後に実務へ取り組む皆様のサポートを行います。スマート農業のこれからを創っていくパートナーとして、共に進んでいきましょう。

ドローン飛行の様子

認定資格の取得から、実際に使用する機体の購入・農薬散布についての申請・機体の定期点検整備も当校がサポートします。

要件が難しくハードルが高いと感じてしまうような煩わしい手続きに捕らわれることなく、認定資格の早期取得と、ドローンの導入から散布作業への素早い着手が可能です。

●資格取得から
運用の流れ

  1. オペレーター
    認定資格取得

    認定インストラクターによる当校のカリキュラムをすべて修了しオペレーターとして認定を受けます。これでドローンの登録申請が可能になります。

  2. ドローン機体
    購入・登録申請

    農薬散布で実績のある認定機、DJI Agras MG-1を導入します。用途やご希望に合わせたカスタマイズも可能です。詳しくはメーカーページをご覧ください。

  3. 農薬散布の
    各種書類申請

    航空法ほか法律に基づき、各種必要書類による申請を行います。申請に必要な知識は当スクールのカリキュラムやアフターサポートにお任せください。

  4. 農薬散布
    開始

    すべての申請を終えた段階から、ドローンを使用した農薬散布が可能となります。飛行申請を事前取得することで必要な時に最短で散布が行えます。

  5. 散布飛行
    実績報告

    農林水産省の指導指針に基づき、農薬空中散布の事業実績報告書、また飛行申請を長期取得した場合は3ヶ月に一回の飛行実績報告書を提出します。

  6. ドローン機体
    定期点検整備

    産業用ドローンは保安の為に年1回の定期点検整備が義務付けられています。修理受付、必要な手続きや取次ぎも当スクールのサポートからご案内します。

当校は農水協指定教習施設です

農林水産航空協会指定 産業用マルチローター教習施設

一般社団法人 農林水産航空協会の基準を満たし、認定登録を受けた「農薬散布用ドローン DJI AGRAS MG-1」の操縦・農薬散布に関する認定資格の取得ができます。

お申込み・資料請求

教習カリキュラムのご案内

当校では、さまざまな方にDJI MG-1による農薬散布技術を学び取り入れていただくために、二種類の教習コースをご用意しています。

これから農薬の空中散布を始められる方、ほか認定資格をお持ちでない方は、5日間の通常教習コースを受講していただきます。

すでにラジコンヘリや他社製ドローンで取得した認定資格をお持ちの方に向けて、短期間での追加認定取得コースを設けました。

また、マルチローター特有の法令などを学ぶための補講もございますので、管理運用などすべての面について安心して教習を受けていただくことができます。

教習コース

通常教習コース

日数(最短)
5日間
教習内容
基本教習(座学・実技)
基本料金
¥198,400
テキスト料金
¥5,400
申請費用等
¥16,200
合計料金(税込)
¥237,600

追加認定取得コース

日数(最短)
3日間
教習内容
基本教習(座学・実技)
基本料金
¥148,400
テキスト料金
¥5,400
申請費用等
¥16,200
合計料金(税込)
¥183,600

補講

日数(最短)
1日間
教習内容
慣熟飛行練習(実技)
基本料金
¥35,000
テキスト料金
申請費用等
合計料金(税込)
¥37,800

教習プログラム

日程表

日程 午前 午後
1日目 農業の安全や法律等の講習9:00~12:00 ドローンの安全や法律等の講習13:00~17:00
2日目 機体の取扱いと安全使用の講習9:00~12:00 飛行技能講習と模擬機での訓練13:00~17:00
補講17:00~18:00
3日目 学科テスト/実機を用いた講習9:00~12:00 実機を用いた飛行訓練13:00~17:00
4日目 実機を用いた飛行訓練8:00~12:00 実機を用いた飛行訓練13:00~17:00
5日目 実機を用いた飛行訓練9:00~12:00 実機を用いた飛行訓練/実技テスト13:00~17:00

追加認定取得コースの方は赤枠のみの受講です。3日目の午後に実技テストを行います。

各教習の受講日は
自由に決められます

スケジュールについて

日々の業務に当たられていらっしゃる中、まとまった日程を確保することは難しく、免許や資格の取得で高いハードルになっていることも少なくありません。当校では、そういった方にも不便なく教習を受けていただけるよう、ご自身のご都合に合わせた自由な日程での受講を可能としています。

1週間通しての受講

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

曜日を決めての受講

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

自由な日程での受講

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お申込み・資料請求

当校教習施設のご案内

実技講習場の飛行場は、実際の農地を想定した広い敷地の中で圃場に見立てたエリアをマーキングしていますので、より実践に近い形での飛行訓練が可能です。ドローン取扱いの基礎知識と基本的な飛行技術を、万全の設備で習得することができます。

実技講習場所

施設情報

所在地
茨城県ひたちなか市平磯町1636-7

交通アクセス

北関東自動車道から
ひたちなかICから車で約7分
ひたちなか海浜鉄道湊線から
平磯駅から車で6分

学科講習場所

施設情報

所在地
茨城県ひたちなか市松戸町1-5-8

交通アクセス

北関東自動車道から
ひたちなかICから車で約12分
常磐線から
JR勝田駅から車で約7分

栃木県・本校

本校のご案内

本校での座学講習および初級飛行訓練は、ツインリンクもてぎでも有名な栃木県芳賀郡茂木町の、中心市街地から車で5分ほどの場所にある基礎講習場で行います。

廃校を再利用した基礎講習場は、教室などをそのまま座学室として活用しています。自然に囲まれた静かな環境で、集中力を持ってじっくり教習を受けられます。

施設情報

所在地
栃木県 芳賀郡茂木町 鮎田2020

交通アクセス

常磐自動車道から
水戸ICから車で約40分
那珂ICから車で約40分
北関東自動車道から
宇都宮三川ICから車で約70分
スクール鳥瞰写真
スクール建物写真
スクール飛行場鳥瞰写真
スクール飛行場写真

お問合せ・お申込み

会社名・団体名
お名前

例)川又 太郎

ふりがな

例)かわまた たろう

メールアドレス

例)xxxx@xxxx.xx.xx入力に誤りがある場合は弊社からのご連絡ができません。ご確認をお願い致します。メールの指定受信機能をご利用の場合は「kpros.net」ならびに「k-kawamata.co.jp」のドメインを受信許可してください。また、内容確認の自動返信メールが届かない場合、迷惑メールへ振り分けられている場合がございますのでお確かめください。

お電話番号

例)029-221-7781 または 0292217781入力に誤りがある場合は弊社からのご連絡ができません。ご確認をお願い致します。

郵便番号

例)310-0063 または 3100063

ご住所

例)茨城県水戸市五軒町1-5-48

建物名等

例)川又ビル2F

お問合せ用件
お問合せ内容

会社名・団体名

お名前

ふりがな

メールアドレス

お番号番号(ケータイ可)

郵便番号

ご住所

建物名等

お問合せ用件

お問合せ内容

お問い合わせありがとうございます

この度はジャパンアグリサービス 茨城分校 農業ドローンスクールへお問い合わせをいただきありがとうございます。
担当者よりご連絡致しますので、しばらくお待ちください。

●メールの指定受信について

お問い合わせ内容のご確認用に自動返信メールをお送りしています。
メールの指定受信を設定されている場合は、返信メールが届きません。
お手数ですが「kpros.net」ならびに「k-kawamata.co.jp」を許可リストへ追加してください。
また、2~3日経ってもこちらからのメールが確認できない場合、迷惑メールに振り分けられてしまっている恐れがありますので、ご確認いただけますようお願い致します。

●お急ぎの場合のお問合せ

お急ぎのお客様はお電話でのお問合せも承ります。

受付時間
8:30~17:30(月~金)
電話番号
029-2221-7781